学習塾経営を考える人は何から始める

学習塾経営を考える人は何から始める

学習塾経営を考える人は何から始める

学習塾経営に興味があり、これから自分で学習塾を開こうと考えている方がまず始めに悩むのが、大手学習塾チャーン等のフランチャイズとして開業していくかそれとも個人学習塾として開業するかだと思います。
よほど教員としての経験があり、多くの知人がいる様な地元で開業するのならまだしも、そうでない場合は自分で個人経営の塾を始めるか実績のある有名塾として始めるか、どちらが生徒を集めやすいかは一目瞭然です。
学習塾の場合は一般の商店とは違い商品をものとして持つ訳ではなく、教師や指導をしていく為の授業のカリュキュラムが商品になります。
大手塾のようにカリュキュラムが充実し、実績があれば勿論生徒も増えてくるのですが、ここで経営者として気をつけなくてはいけないのが果たして塾の反映がフランチャイズの大手塾として名前が売れているので、決して個人として塾の名前が売れている訳ではない事を自覚しないといけません。
塾を経営していくにあたってはたとえ大手塾のフランチャイズであろうとも、実際の経営に置いては大手塾の看板に甘んじることなく絶えず経営努力を続ける事が大切になります。
近隣で開業している個人の塾以上に実績や独自のノウハウ等を作り出していかないと、実際に塾を経営していくなかで近隣のライバル塾に勝ち抜く事は出来ません。
多くのフランチャイズビジネス同様実際に大手塾のフランチャイズとしての独立を検討する為には塾の評判がどの程度あるのか、本部からのアドバイスが実際にありそれはどの程度までアドバイスして貰えるのかをハッキリさせておく必要があります。
又始めに払う加盟金やロイヤリティーの金額を明確にさせておく必要があります。
お金を払ったものの看板以外のものは何も無かったと言った事がないように、開業後の研修等も含めて条件をしっかりと検討する事がフランチャイズを利用して独立をする為には重要です。
有名塾のフランチャイズを利用して独立をする場合、始めはブランド力で生徒が集まる事がありますがそこから先の経営努力は貴方次第と言う事を忘れてはいけません。